新型コロナウイルスの影響で入手困難となっているマスクを寄付しました。 - 糖質制限 専門店 LOHAStyle (ロハスタイル)

新型コロナウイルスの影響で、マスクの入手が困難になっています。このような状況を受けて、市内企業のバブルスター株式会社が大和市に医療用サージカルマスク10,000枚を寄贈するに当たり、寄贈式が15日、大和市役所で開催されました。


 この日の寄贈式には、大木哲・大和市長、須藤晃通(てるゆき)・代表取締役社長などが出席。須藤代表取締役社長は大木市長にマスクの箱を手渡し、大木市長は感謝状を贈呈しました。

 須藤社長は「貿易業を営んでいるため、品質のいいマスクを仕入れることができました。新型コロナウイルスの影響でマスクが不足しているという話を聞き、寄付をさせていただきました。大和市で生まれ育ったものとして、今後も地元に貢献していきたいです」と話しました。

 これに対し、市長は「市立病院のマスクの入手が非常に困難になっている状況なので、医療用マスクを寄付いただき、本当にありがとうございます。市立病院などで大切に使用させていただきます」とお礼を述べました。