ゴールデンベリー

¥1,380
Type: スーパーフード

ゴールデンベリーはインカ帝国時代から食用されている歴史あるスーパーフードです。
フランスやイタリアでは食用として盛んに栽培され、ヨーロッパでは古くから広く親しまれています。濃厚な甘酸っぱいフルーティーさが特徴です。
見た目や味から「ストロベリートマト」や「オレンジチェリー」と呼ばれています。

こんな方にオススメ♪

・美容が気になる方
・ダイエット中の方
・コレステロール値が気になる方
・偏った食生活の方
・ストレスを抱えている方
・物忘れが多いと気になる方

ゴールデンベリーに含まれる特徴的な栄養成

スーパーフードであるゴールデンベリーは、12種類以上の栄養素を含有。
その中でも特徴的な栄養素を3つ紹介します。

・バイオフラボノイド(ビタミンP)

身体の中で生産をすることができないため、食材や飲み物から摂取することが重要。
ビタミンは複合的にとることで相乗効果を発揮するので、スーパーフードとの相性は◎です!
負けない健康的な毎日にオススメの成分です。

・イノシトール

ビタミン様物質と呼ばれ、体中に存在している成分。
消費されやすい成分なので、外からの摂取が望まれる栄養素です。
ダイエットを頑張る方をサポートしてくれる成分です。

・βカロテン(ビタミンA)

必要に応じて体内でビタミンAに変換される栄養素。
エイジングケアや美容が気になる方にオススメの成分です。


紹介した3つの栄養素の他にも、食物繊維の含有量は豊富で100g当り約15gも含まれています。
また、鉄分など必須栄養素がバランスよく含まれています♪

 

こだわりの品質

1.ペルーの契約農家で手間暇かけて栽培

ペルー北西部にあるカマハルカ高地のゴールデンベリー農家(クリントン元大統領も訪れた由緒ある農園)と直接契約しています。
カハマルカ高地はゴールデンベリーの栽培に適した高山性気候で、実がしっかりとしているのが特徴です。
太陽の恵みをたっぷりと受け、栽培に適した土地で、農薬や化学肥料を使わずに栽培したゴールデンベリーは、甘さと酸味のバランスが絶妙で良質に育ちます。

2.衛生環境の整ったHACCP認定工場で加工の高品質

収穫されたゴールデンベリーは、色・サイズ・形状により選別を行い合格品のみを使用。
衛生環境の整った、現地では珍しいHACCP認定工場で皮むきや乾燥の加工を行っています。(HACCPとは、米国で宇宙食の安全性を確保するために開発された食品の衛生管理の方式です。)
乾燥工程も周到で、低温でじっくりと乾燥させるため、果実本来の風味を残すことができ、濃厚でフルーティーな味が好評です。


3.鮮度のため空輸でスピーディーに輸入

より良い鮮度でお届けするため、飛行機を使った空輸でスピーディーに輸入。(通常は船便で1カ月以上かかります)
日本に輸入後、国内の充填工場で再選別を行い、安定した良品質のLOHAStyleのゴールデンベリーが完成します。
 
こうして手間暇をかけてお届けするゴールデンベリーは、何よりとても美味しいのです。